人気ブログランキング |

エステ、経絡リンパマッサージ、予防美容エステ、パラフィンパック

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

私の経験歴 1

普通一般、経歴と言うと、学歴、資格歴を紹介されますが、私は自分の
経験を語ったほうが経歴になると思いまして紹介させていただきます。
19歳のとき今で言う癌の一歩手前で乳腺炎症で大きな手術。
それは半年前から生理が始まる2,3日前からシコリらしき物が感じて、生理が終わると
無くなります、同じことが3ヶ月目から大きくなっていくのが感じられて来てこれはやはり
変だ。と気づき始めました。(若いから生理ってこうなんだぁ)と思っていた。
その時代ラジオでは、アメリカで乳癌と言うのが(死亡)毎日発表されているニュースを耳に
していたころです。病院を7件行きましたが、医大も(地方に住んでいた)いづれの病院も
レントゲンでは何処もなんとも無いの所見です。生理の都度毎月大きくなっていく、そして又
生理が終わると出てくるの繰り返し。(不気味だった)
自分はもう助からないしラジオで聞いているのと症状が似ているのでもう死ぬのだと毎日
落ち込みながら、身りの周りを整理していました。(遺書も書いた)
母は、わたしを見ていられなくてオロオロしていました。
義兄が父のような立場の方で、「新しい病院が出来たし博士号も取っている人だから
行こう」と言われて、「どうせ何処に行っても同じだからもういい、もう病院は疲れたし
このまま死んでもいい」義兄が「どうせ死んでもいいなら最後の一回だけ行って診て
もらってもいいじゃない」と言われてそれもそうだなぁ、そう思ったら一日も早く行こう
とすぐ行きました。他と同じ検査結果
Drは「レントゲンには出ないが触診したら間違いなく何か出来ているので開けましょう」
手術後(私は見ていません)取り出した物は脂肪の塊が2個で大きかった、珍しいので
アルコール漬けで札幌の医大に送りました事。
この病院に行った時生理が始まる前(整理中は嫌で終わってから病院にいっていた)キチンと触診してくれたので解った。そこの先生は個人病院消化器化でした。
原因は、ホルモンのバランス私のは食事の偏りで成長ホルモンです。小さいときから
好き嫌いが激しくて自分でも、これでは病気になっても仕方がなかったと反省しまして
人間は食べ物で生きているんだと認識し何でも薬だと思って食しています。
でも、栄養は日々幼い頃からの基本で19歳から食事に気を使っても継続は力なり
には程遠いものだと今でも実感しております。
 義兄に助けられました。退院して19歳の厄除けと退院祝いと誕生祝を兼ねて盛大にしてくれました。今までの誕生祝の中でこの時のが一番最高のお祝いです。 (続きは2へ次回まで)

by cymos | 2006-03-18 12:26 | 私の経歴
<< リピーターの Y さん オープン当時のお客様 N 様に... >>